アートが科学を受け入れるとき、

何もかもが可能です

シリーズの概要

プレミアムなFounderシリーズには、ハイエンドの2チャンネル・システムや、最新の映画のサウンドトラックやオブジェクト指向のコーデックに最適なマルチチャンネルを構築できる6つのモデルがあります。

VGP2022夏 ピュアオーディオ部会 部門賞 受賞

VGP2022夏 映像音響部会 金賞/部門賞 受賞

 

VGP2022 オーディオ部会 特別大賞/部門賞 受賞

VGP2022 映像音響部会 特別大賞/部門賞受賞

オーディオ銘機賞 銀賞/カテゴリー賞 受賞

ベストバイ・コンポ2021 3位

2021年 2021年 第40回 MJ テクノロジー・オブ・ジ・イヤー 入賞

    

各受賞内容はこちらをご覧ください。

下のボタンから、スペックシート、寸法図をダウンロードしてください。

Founder 120H

3ウェイ・5ドライバー・ハイブリッド・バスレフ・フロア型

Founder 100F

3ウェイ・5ドライバー・バスレフ・フロア型

Founder 40B

2ウェイ・2ドライバー・バスレフ型

SAS-FS40B

SOUND ANOCHORS社特製専用スピーカースタンド

Founder 80F

2.5ウェイ・4ドライバー・バスレフ・フロア型

Founder 90C

3ウェイ・4ドライバー・2パッシブラジエーター・密閉型

Founder 70LCR

3ウェイ・4ドライバー・密閉型

精密 - 制御 - ダイナミクス

これらが Founderシリーズ 設計の三本柱です

時々、何か特別なものが現れ、ルールを変更します。 テクノロジー、デザイン、パフォーマンスの完璧な融合。 Founderの開発開始時に、アートが科学を受け入れるとき、何でも可能であることを知っており、私たちはその最大の期待を超えました。

Founderは普通のスピーカーではありません。大小を問わず、すべてのコンポーネントが細部に至るまで精査されました。すべてのコンポーネントは、Founderのためだけに徹底的に研究、デザイン、設計されています。新しい特許技術は音響プラットフォームのために開発されました。新しいキャビネットのプラットフォームは、単に魅力的なデザインだけでなく、そのユニークな形状と統合された構造的なブレースが、従来の四角いボックスでは実現できなかった音響性能を実現しています。細部まで検討し尽くしたことにより、Founderは各々の部品の集合体以上のものになっています。

徹底的な調査、設計、エンジニアリングの過程で、私たちはスピーカーが環境とどのように相互作用するかを注意深く調べました。現代の家のインテリアは、過去10年間でさらに顕著になったデザイン上の課題を提示しています。石、ガラス、木材が選ばれるようになり、オープンなコンセプトが主流になっています。Founderのデザインは、このトレンドに合わせて進化してきましたが、伝統的なデザインのスピーカーに不向きな部屋で最大限のパフォーマンスを発揮します。映画や音楽をより伝統的なリスニングスペースで楽しむ場合でも、建築ダイジェスト誌に掲載されているようなご自宅でも、Founderは見た目と同じくらい良い音を奏でることができるでしょう。

  • 精密

    私たちが「精密さ」と言うのは、スピーカーが「正しい」ときに達成されるニュアンス、ディテール、リアリズムを意味します。Founderシリーズには、クラスを決定づけるレベルのパフォーマンスを提供するために、デザイン、素材、エンジニアリングにおける多くの新しい進歩が含まれています。

    アルミニウム・マグネシウム・セラミック(AL-MAC™)高域ドライバー

    どんな高性能スピーカードライバー(この場合はトゥイーター)も、非常に剛性が高く(歪みを防ぐために)、非常に軽く(機敏で応答性があり、正確であるために)なければなりません。このような設計とエンジニアリングの探求により、業界では様々なエキゾチックな素材を試してきました。その中には実用化されたものもありますが、多くは商品化されませんでした。AL-MACは、アルミニウム、マグネシウム、セラミック材料を独自にブレンドしたもので、それぞれがより高い精度とリアリズムという最終目標に貢献しています。これらの特殊な特性が、最終製品の強度と軽量化に貢献しているだけでなく、自然な反共振を具現化し、トゥイーターが「紙の上で」良い音がするだけでなく、実際の世界では本当に信じられないような音を奏でることを保証します。最先端のテクノロジーと実用的なアプリケーションで、実際の効果を発揮する - これこそがFounderシリーズの真骨頂なのです。

    アルミニウム・マグネシウム(AL-MAG™)中域ドライバー

    AL-MAGは、AL-MACツイーターを開発する際に私たちが念頭に置いていた目標と同様に、私たちの耳が最も敏感に反応するミッドレンジに、同じレベルの高いパフォーマンスをもたらすために考案されました。スピーカーのレビューを読んだことがある方は、ミッドレンジが一般的に注目されていることをご存知でしょう。本質的に、人間の聴覚は声などに重点を置いているため、親しい人との会話の際にはそれが分かるようになっています。お気に入りのレコーディング・アーティストや俳優の声がどれだけ瞬時に認識できるかを考えてみてください。私たちがここで目指したのは、ミッドレンジドライバーのサウンドを可能な限りリアルにすることでした。結局のところ、それがあなたが素敵なオーディオシステムを持っている理由ではありませんか?あたかもあなたがそこにいるかのように聞こえるようにするためです。AL-MAGの技術で、Founderシリーズはもう一歩近づいています。

    超ロングストローク CARBON-X ユニボディ低域ドライバー

    私たちのリスニングの基本は、低音域から始まります。究極の明瞭さを追求するために、Founderシリーズの大型フロア型モデルで使用するために、新技術を搭載した高性能バスドライバーを開発しました。これらのドライバーは一体型コーン構造を採用しており、特に大音量時には強度を高め、可能な限り質量を小さくすることで細部までクリアに聴こえるようにしています。これにParadigmの特徴であるARTエッジとショックマウント技術を組み合わせることで、ディテールとパワフルさの両方を兼ね備えたバス・ドライバーを手に入れることができます。

     

  • 制御

    驚くべき技術をスピーカーに詰め込んでも、その恩恵が耳に届かなければ何の意味もありません。すべてのコンポーネントに取り組むことで、当社のエンジニアは、どのような環境下でも彼らのハードワークの結果を聴くことができるようにしました。

    扁球ウェーブガイド (OSW™)

    私たちが暮らし、聴く部屋は、長年の間に劇的に変化してきました。家のインテリアが進化しても、多くのスピーカー技術は追いついていません。私たちは、スピーカーは部屋の外観や雰囲気の自然な延長線上にあるべきであると考えていますが、同時に、顕著で実際のパフォーマンスを向上させることができます。Founderのトゥイーター・ウェーブガイドには、Paradigm独自のOSW™(Oblate Spherical Waveguide)が採用されています。OSW™は、Founderシリーズ のスピーカーが、より大きく、より開放的で、反射面の多い現代の環境で直面する課題に対処するのに役立ちます。OSW™テクノロジーは、正確で自然な形状を利用して、トゥイーター出力をリスニングエリアに集中させることができます。リスニングエリアの側面に移動すると、トゥイーターの出力は徐々に減少し、性能を損なう部屋の反射を回避します。部屋の周辺部で出力が減少することで、音が届く場所にいても他に注意を集中させたい人の邪魔にならないことを意味します。より効率的で低歪みな、より大きく、より強力なマグネット/モーター構造と相まって、OSW™は、必要な場所ではより良い音を、そうでない場所では気が散るような音を低減します。実際の生活のための実用的なソリューションです。

    PPA™音響レンズ

    PPA™(Perforated Phase Aligning)レンズ技術は、フォームと機能融合の完璧な例です。金属製のパーツは見た目に美しいだけでなく、ドライバーコーンを保護し、性能面でも大きなメリットをもたらします。リアリズムのレベルを高めるために、PPA™レンズは、すべての周波数が同時にリスナーの耳に届くように働きます。これにより、低音から繊細なディテールまで、すべての音がよりリアルに聴こえるようになります。Founderのフロアスタンディング・モデルは、ミッドレンジ・ドライバーにもこの処理が施されており、少し離れた場所からでもより予測可能なサウンドを映し出すことができます。そのため、音質やディテールを損なうことなく、より遠くからのリスニングに最適です。

    カスケード・フュージョン・ブレース

    スピーカーで最初に目にするもの、そして最後に聴くべきもの、それはキャビネットです。Founderシリーズのキャビネットは、見た目の美しさやユニークさだけでなく、そのデザインが性能を高めています。剛性が高く強度の高いキャビネットほど、共振や振動が少なくなり、必ず音が改善されます。ファウンダー・シリーズのファセット・キャビネット内のカスケード・フュージョン・ブレーシングは、剛性を高めると同時に、高出力バス・ドライバーから発生する定在波を低減するように設計されています。独自の幾何学的なキャビネットの固有の強度は、従来のスクエアキャビネットのデザインよりも大きな表面積にエネルギーを分散させ、より大きな強度とサポートを提供します。この超剛性構造は、ドライバーにニュートラルなプラットフォームを提供し、結果として、よりタイトな低音、よりクリアで正確な精度をもたらします。これらの美しいキャビネットは、「姿は見せるが聴こえない」のです。

    Advanced Shock-Mount™システム

    Founderシリーズでは、細部にまでこだわっています。すべてのテクノロジーは、その恩恵を聴くことができるものですが、中には聴こえないもの:歪みに着目しているものもあります。ショック・マウント・システムはそのような特別な技術の一つで、視覚的にも音的にも見えないようにしています。私たちはドライバーを "ショーの主役 "にしてきましたが、それに付随する技術とイノベーションによって、そのメリットのすべてがあなたの耳に届くようになっています。我々は非常に誇りに思っているのは、特にミッドレンジとバス・ドライバーとキャビネットの間の振動や共振を制御するように設計されている新しい高度なショック・マウント・システムです。これらのドライバーを特別に設計され、ブレースされたエンクロージャーから機械的に分離することにより、これらのパフォーマンスを奪う振動は、ドライバーとキャビネットの間、またはキャビネットとドライバーの間に伝達することができません。これらの共振がなければ、すべてのドライバーは自由になり、聴こえるような歪みのない純粋で変調のないサウンドを提供することができます。この原理をエンクロージャーの脚にも応用しました。ショックマウント脚は、スピーカーキャビネットを床から切り離す役割を果たし、外部振動の有害な影響をコントロールして排除します。また、キャビネットを動かしたり傾けたりせずに、脚を上から調整することができるため、どのような場所でも完全に水平な脚元を確保することができます。カーペット用とウッドフロア用の交換可能な脚が付属していますので、リスニングルームに応じた全てのパフォーマンスを聴くことができます。

    アンセム・ルーム・コレクション(ARC®︎

    フラッグシップモデルPERSONA 9Hで高い評価を受けたARC®︎をFounderの最上位機種120Hに搭載しました。シンプルな測定で、スピーカーが持つポテンシャルを、どんな部屋でも最大限に引き出すことができます。

    世界最高水準のルームコレクションシステムであるアンセム・ルーム・コレクション(ARC®︎)を使用して何千ものデータを収集し、部屋がスピーカーの音に与える影響を明確に描き出しています。シャワールームとリビングルームで歌う声が違うのには理由があり、同じ声でも部屋が違えば音も変わります。ARCの最新バージョンであるARC Genesisは、スピーカーが部屋の中で何をしているかを正確に測定し、部屋の音響から受ける有害な影響をすべて排除するようにチューニングする、非常にパワフルなソフトウェアです。ARC Genesisは、部屋の役に立たない部分を制御しながら、役立つ部分を維持して、よりクリーンで正確なサウンドを得ることができる、オーダーメイドのソリューションです。

    Founder 120Hには測定に必要なマイク、スタンド、ケーブルの一式が含まれるARCキットが同梱されています。

     

  • ダイナミクス

    ディテール、明瞭度、正確さ、忠実度 - これらは、音質を示す言葉としてよく使われますが、量についてはどうでしょうか。ライブパフォーマンスを再現するには、静かな音、大きな音、そしてその中間の音を再現する能力、すなわちダイナミクスが必要です。ここでは、Founderシリーズがどのようにして最も幅広く、最もパワフルなダイナミクスを再現しているのかを見てみましょう。

    歪みを減らして出力を増やす

    ドライバーから脚まで、Founderのすべての技術は、歪みを低減し、可能な限り正確なサウンドを提供するように設計されています。歪みが少ないと、リスナーは高い出力レベルに耐えられるという研究結果があります。これは本質的に、私たちを悩ませるのは音の中の「ノイズ」であり、必ずしも音量ではないということを証明しています。大音量が好きな人のために、Founderシリーズには、歪みを抑えて使用可能な音量を上げる技術が満載されています。たまにでも音量を上げて楽しむなら、Founderは理想的なソリューションであり、音量を下げたときだけでなく、思い切り楽しむときにも、より自然で正確で心地よいサウンドを提供します。

    高出力・高効率コンポーネント

    「Power is Nothing Without Control (コントロールを伴わないパワーは、意味を成さない)」という名言がありますが、私たちは大いに同意します。Paradigmは、どのような音量でも、クリーンでコントロールされた緻密なサウンドを提供するスピーカーを設計しています。これを実現するために、すべてのドライバーコンポーネントが最大のパワーハンドリングと出力を持つように設計しています。高出力に対応していれば、他のことは容易です。ボイスコイルとマグネットの構造は、ダイナミクスに関する限り、「実力が問われる点」です。これらは、スピーカーコーンを実際に前後に動かして音を出す、2つの重要なコンポーネントです。Founderシリーズは、高出力密度マグネット、ロングストローク・コーン・エッジ、多層ボイスコイルで設計されています。また、最も過酷な音楽の一節や激しいアクションシーンでも、すべてを対処できるようにドライバーの冷却にも配慮しています。これらのパーツは、より大きなパワーを処理するだけでなく、ドライバーを強力に制御して、さらに歪みを抑え、使用可能な最大出力を上げるために、入念に設計されています。結局のところ大音量で再生したときに良い音が出ないスピーカーは、実際に大音量で再生できないのです。高出力再生のための部品設計に加え、効率性にも気を配りました。この場合、より小さなスペースにできるだけ多くの性能を詰め込むことを意味します。伝統的な知恵では、「エンジンのサイズを大きくする以外に方法はない。」と言われているため、スピーカー再生音を大音量にするには、スピーカーを大きくする必要があります。確かに大型スピーカーは小型スピーカーよりも大音量に強いのですが、技術的には別の解決策があります。Paradigmの技術者たちは、同じ物理的スペースに収まるようにしながら、使えるコーンの面積を増やす方法を考えました。メーカーがウーファーのサイズ(127ミリ、152ミリなど)を記載する場合、通常、使用可能なコーンの面積だけでなく、ウーファーのフレーム全体を測定します。これはブランドごとに大きく異なります。独自の 垂直マウントシステムを採用したFounderシリーズは、127ミリ、152ミリ、177ミリ、215mmのウーファーにおいて、「大きな」サイズを宣伝している競合デザインよりも、より有効なコーンエリアを提供しています。より大きな出力とより少ない容積は、良いことでしかありません。技術革新は素晴らしいものですね。

    バイアンプ対応・ハイブリッド構成

    Founderシリーズの全モデルは、バイアンプまたはバイワイヤリングに対応しています。つまり、2つのチャンネルのアンプを1つのスピーカーに流すことができるのです。これにより、スピーカー内部の部品に、よりダイレクトに接続することができるだけでなく、利用可能なパワーを増やすことができます。さらにFounder 120Hでは、低域のドライバーに供給する1000Wのアンプを内蔵しています。このアンプが重負荷を担うことで、外部アンプは、はるかに少ない負荷で中高音域をドライブすることができます。このハイブリッド設計は、スピーカーの最大出力を向上させるだけでなく、一体型システムとして設計された小型のキャビネットに、この驚異的な性能を収めることを可能にしています。120Hのパワフルなアンプは、受賞歴のあるARC Genesisルーム・コレクション・システムを活用して、部屋の問題に関わらず基準レベルの精度を実現することもできます。ARC Genesisは内部アンプの制御システムの一部であるため、あなたの好みのあらゆるブランドのアンプで使用できます。

AL-MAC™高域ドライバー

Founderのトゥイーターは、独自の扁球ウェーブガイド (OSW™)とパーフォ例ティッド・フェーズ・アライニング (PPA™)レンズを搭載した25mmのアルミニウム・マグネシウム・セラミック (AL-MAC™)ドームです。

AL-MAG™中域ドライバー

Founderのミッドレンジは、152mmのアルミニウム・マグネシウム(AL-MAG™)コーンに、PPA™レンズ、Advanced SHOCK-MOUNT™(アドバンスド・ショックマウント)アイソレーション・マウンティング・システム、そしてベンチレーテッドApical™フォーマーを備えた51mmの高熱伝導性多層ボイスコイルを搭載しています。

超高剛性AL-MAG™中低域ドライバー

(Founder 40Bおよび80Fのみ)

Founderのミッド/バス・ドライバーは、152mm (40B)、140mm (80F)の超ロングストローク・アルミニウム・マグネシウム(AL-MAG™)コーン、PPA™レンズ、垂直マウントシステムを備えた第3世代アクティブ・リッジ・テクノロジー(ART™)エッジ、アドバンスト・ショックマウント(SHOCK-MOUNT™)アイソレーション、通気性のあるApical™フォーマーを備えた38ミリ・高音多層ボイスコイルを搭載しています。

超ロングストローク CARBON-X™ ユニボディ低域ドライバー

Founderの低域ドライバーは、152mm、177mm、215mmの超ロングストローク・ユニボディCARBON-X™コーン、オーバーモールドされた第3世代アクティブ・リッジ・テクノロジー(ART™)エッジ、垂直マウントシステム、Advanced SHOCK-MOUNT™アイソレーション、通気性のあるApical™フォーマーを備えた1.5インチの高耐熱多層ボイスコイルを搭載しています。

美しいプレミアムグレード仕上げ

Founderシリーズのキャビネットには、プレミアムグレードの美しい仕上げが施されています。ウォルナットとブラックウォルナットは、独特の木目を生かした滑らかなサテン仕上げ、ミッドナイト・チェリーとピアノ・ブラックは、手磨きの高級感のある高光沢仕上げです。

ADVANCED Shock-Mount™インシュレーター

Founderのフロア型スピーカーには、Advanced Shock-Mount™インシュレーターが搭載されており、キャビネットと床の間を1回だけでなく2回も分離することで、極めて効果的に振動を減衰させることができます。カーペットとハード床面の両方に対応する交換可能なハードウェアが付属しています。脚は上から調整でき、キャビネットを簡単に水平にすることができます。

ADVANCED Shock-Mount™システム

Founderシリーズのミッドレンジ・ドライバーとバス・ドライバーは、Advanced SHOCK-MOUNT™ アイソレーション・マウントシステムによってフロント・バッフルから機械的に切り離されています。この特別なマウントハードウェアは、エラストマーサスペンションを使用して、ドライバーからキャビネットへ、キャビネットからドライバーへの振動の伝達を防ぎます。共振を排除することで、ドライバーは音を純粋かつ効率的に表現することができ、聴感上の歪みがなく、最大限の透明感を得ることができます。

Dual-Sync™ 連続磁束モーター

センターチャンネルモデルに搭載されているFounderの新しい同軸ミッドレンジドライバーは、OSW™の扁平球形と同軸にマウントされたトゥイーターを採用しています。トゥイーターの導波管として機能することで、広く深いサウンドステージの中でディテールと音の焦点を維持し、あらゆるリスニングスペースに最適な分散特性を実現しています。特許取得済みのDual-Sync™ Continuous Flux Motorは、センターチャンネルキャビネットの高さを比較的低く保ったまま、フルサイズで低歪み、高出力のミッドレンジトゥイーターを組み合わせることで、複合マグネット構造の限界を取り除き、設置場所の自由度を高めています。

センターチャンネルおよびLCRモデルに搭載されているFounderの新しい同軸ミッドレンジドライバーは、OSW™の扁平球形と同軸にマウントされたトゥイーターを採用しています。トゥイーターのウェーブガイドとして機能することで、広く深いサウンドステージの中でディテールと音のフォーカスを維持し、あらゆるリスニングスペースに最適な指向特性を実現しています。特許取得済みのDual-Sync™ 連続磁束モーターは、センターチャンネルキャビネットの高さを比較的低く保ったまま、フルサイズで低歪み、高出力のミッドレンジトゥイーターを組み合わせることで、複合マグネット構造の限界を取り除き、設置場所の自由度を高めています。

カスケード-フュージョンブレース

カスケードフュージョンブレースは、Founderシリーズのファセット・キャビネット内の剛性を高め、低域の定在波を打ち消します。これにより、よりタイトな低音、よりクリアで正確な低音を実現しています。すべてのブレースは広範囲に渡って補強されており、キャビネットはパーツのトータルよりも強固なモノリスになっています。幾何学的なキャビネット形状が持つ本来の強度により、荷重ポイントをより広いキャビネット面積に分散させ、従来の四角いキャビネット形状では得られなかった高いサポート力と剛性を実現しています。

Founder 40B

このコンパクトなパッケージには、たくさんの魅力が詰まっています。大型のフロア型モデルに搭載されているほとんどすべての技術を備えた40Bブックシェルフ/スタンドマウントは、最小限の設置面積でFounder Seriesの魅力を体験できる完璧な方法です。40Bは、4種類の豪華な仕上げで、どんな空間にも美しいサウンドと外観を加える理想的な方法です。

SAS-FS40B

SOUND ANOCHORS社特製専用スピーカースタンド

 

   

Founder 70LCR

Founderシリーズで最小のセンターチャンネルのオプションは、最も用途の広いモデルです。70LCRは、省スペースで高性能なセンターチャンネルとして使用できるように設計されているだけでなく、メインチャンネルやサラウンドチャンネルとして使用しても同様に優れた性能を発揮します。縦置きでも横置きでも同様に驚異的なパフォーマンスを発揮する70LCRは、必要な場所で一貫した高品質のサウンドを得るための完璧なソリューションです。

Founder 90C

最も理想的なセンターチャンネルは、フロント左右のチャンネルと同じスピーカーを使用することです。しかし、特にタワー型スピーカーを使用している場合には、必ずしも現実的ではありません。Founder 90Cは、大型タワーモデルの全体的なパフォーマンス、ダイナミクス、リアリズムを再現するために設計されましたが、テレビやスクリーンの下で使用するのに、より実用的なデザインになっています。

Founder 80F

80Fは、0.09平方メートルの床面積しか占めない、ハイエンド・サウンドの世界への非常に親しみやすいエントリー・ポイントです。Founderシリーズのすべての新技術を搭載した80Fは、多くの大型で高価なモデルを凌駕する、驚くべきプレミアムスピーカーです。80Fは、部屋の中で比較的圧迫感を感じさせないながらも、タワーが可能にするダイナミクスとスケールを体験することができます。The 80F: 最高のパフォーマンス、最小のフットプリント。

 

 

Founder 100F

100Fは80Fのデザインを次のレベルに引き上げます。より多くのバスドライバー、より大きなウーファー、そして専用のミッドレンジを、最小の80Fよりわずかに大きいキャビネットに追加しました。より多くの低音、より優れたダイナミクス、そしてより高い透明感と臨場感。さらに優れた体験をお望みの方には、100Fが最適です。

 

 

Founder 120H

120Hは高効率ではありますが、ハイブリッドといっても燃費がいいわけではありません。そうではなくて、"力業"をしてくれるアンプ付きの低音部があるということです。120Hは、エンジニアが低音用の独自のアンプを一から設計したため、システムとしての出力を完璧に調整することができ、通常よりも小さなパッケージで高いパフォーマンスを実現しています。さらに120Hは、部屋を実際に測定して低音域のレスポンスを調整する驚異的なルームコレクションシステム「ARC Genesis」を採用しています。これは確かに次のレベルの低音性能であり、アンプが重要な中域と高域にエネルギーを集中できるようにします。 120Hは、非常にリーズナブルなサイズのパッケージで、妥協のないパフォーマンスを提供します。

Founder 120H ハイブリッド構成の優位性 (PDF)

 

受賞アワード

VGP2022 Summer ピュアオーディオ部会

Founder 100F が部門賞 (スピーカーシステム/フロア型、ペア75万円以上100万円以下) 受賞

Founder 80F が 部門賞 (スピーカーシステム/フロア型、ペア50万円以上75万円未満) 受賞

Founder 40B が部門賞 (スピーカーシステム/ブックシェルフ型、ペア 30万円以上40万円未満) 受賞

VGP2022 Summer 映像音響部会

Founder 100F が金賞 (スピーカーシステム・映像音響、ペア75万円以上100万円以下) 受賞

Founder 90C が部門賞 (センタースピーカー) 受賞

Founder 120H が部門賞 (スピーカーシステム・映像音響、ペア100万円以上200万円以下) 受賞

Founder 80F が部門賞 (スピーカーシステム・映像音響、ペア50万円以上75万円以下) 受賞

Founder 40B が部門賞 (スピーカーシステム・映像音響、ペア30万円以上40万円以下) 受賞

VGP 2022 オーディオ部会

  • Founder シリーズ 特別大賞受賞
    受賞理由:
    扁球ウェーブガイド 「OSW™」や「PPA™」音響レンズなど、高音質技術を搭載したスピーカーシリーズに対して。
  • Founder 80F が 金賞 (スピーカーシステム/フロア型、ペア65万円以上75万円未満部門) 受賞
  • Founder 40B が金賞 (スピーカーシステム/ブックシェルフ型、ペア 30万円以上40万円未満 部門) 受賞
  • Founder 100F が部門賞 (スピーカーシステム/フロア型、ペア75万円以上100万円以下 部門) 受賞

VGP 2022映像音響部会

  • Founder シリーズ 特別大賞 受賞
    受賞理由:
    独自の音響技術で精密かつダイナミックなサウンドを実現した、スピーカーシリーズに対して。
  • Founder 80F が金賞 (スピーカーシステム・映像音響、ペア50万円以上75万円未満 部門) 受賞
  • Founder 100F が 部門賞 (スピーカーシステム・映像音響、ペア75万円以上100万円未満 部門) 受賞
  • Founder 40B が 部門賞 (スピーカーシステム・映像音響、ペア30万円以上40万円未満 部門) 受賞

オーディオ銘機賞

ベストバイ・コンポ 2021

Founder 120H 100万円以上250万円未満のスピーカー 3位

 

 

 

2021年 第40回 MJ テクノロジー・オブ・ジ・イヤー

Founder 40B スピーカー部門 入賞

Founder 40B専用スピーカースタンド

SAS-FS40B

SOUND ANCHORES 社 特製ハイグレード・スチール・スピーカースタンド

Founder 40Bと固定することにより、共振を効果的に抑制

外径寸法:305mm × 708mm × 356mm (スパイク未装着時)

質量14kg

寸法図 (PDF)

Gallery

Crafted in Canada

    

パラダイム製品は、あなたと同じようにオーディオを愛する人々によって、カナダでデザイン、設計、生産されています。

©︎ Copyrights PDN Inc. All rights reserved.

MartinLogan

Our Technologies

静電技術の進歩

静電型理論

Masterpiece series

NeolithESL 11AESL 9

ElectroMotion series

ESL X

FAQ

Bluesound

Wireless Speaker

PULSE FLEX 2i

PULSE MINI 2i

PULSE 2iBP100

Wireless Stereo
Component

NODE | VAULT 2i

POWERNODE

RC1FAQ

  • どんな高性能スピーカードライバー(この場合はトゥイーター)も、非常に剛性が高く(歪みを防ぐために)、非常に軽く(機敏で応答性があり、正確であるために)なければなりません。このような設計とエンジニアリングの探求により、業界では様々なエキゾチックな素材を試してきました。その中には実用化されたものもありますが、多くは商品化されませんでした。AL-MACは、アルミニウム、マグネシウム、セラミック材料を独自にブレンドしたもので、それぞれがより高い精度とリアリズムという最終目標に貢献しています。これらの特殊な特性が、最終製品の強度と軽量化に貢献しているだけでなく、自然な反共振を具現化し、トゥイーターが「紙の上で」良い音がするだけでなく、実際の世界では本当に信じられないような音を奏でることを保証します。最先端のテクノロジーと実用的なアプリケーションで、実際の効果を発揮する - これこそがFounderシリーズの真骨頂なのです。

    AL-MAGは、AL-MACツイーターを開発する際に私たちが念頭に置いていた目標と同様に、私たちの耳が最も敏感に反応するミッドレンジに、同じレベルの高いパフォーマンスをもたらすために考案されました。スピーカーのレビューを読んだことがある方は、ミッドレンジが一般的に注目されていることをご存知でしょう。本質的に、人間の聴覚は声などに重点を置いているため、親しい人との会話の際にはそれが分かるようになっています。お気に入りのレコーディング・アーティストや俳優の声がどれだけ瞬時に認識できるかを考えてみてください。私たちがここで目指したのは、ミッドレンジドライバーのサウンドを可能な限りリアルにすることでした。結局のところ、それがあなたが素敵なオーディオシステムを持っている理由ではありませんか?あたかもあなたがそこにいるかのように聞こえるようにするためです。AL-MAGの技術で、Founderシリーズはもう一歩近づいています。

    私たちのリスニングの基本は、低音域から始まります。究極の明瞭さを追求するために、Founderシリーズの大型フロア型モデルで使用するために、新技術を搭載した高性能バスドライバーを開発しました。これらのドライバーは一体型コーン構造を採用しており、特に大音量時には強度を高め、可能な限り質量を小さくすることで細部までクリアに聴こえるようにしています。これにParadigmの特徴であるARTエッジとショックマウント技術を組み合わせることで、ディテールとパワフルさの両方を兼ね備えたバス・ドライバーを手に入れることができます。

  • 私たちが暮らし、聴く部屋は、長年の間に劇的に変化してきました。家のインテリアが進化しても、多くのスピーカー技術は追いついていません。私たちは、スピーカーは部屋の外観や雰囲気の自然な延長線上にあるべきであると考えていますが、同時に、顕著で実際のパフォーマンスを向上させることができます。Founderのトゥイーター・ウェーブガイドには、Paradigm独自のOSW™(Oblate Spherical Waveguide)が採用されています。OSW™は、Founderシリーズ のスピーカーが、より大きく、より開放的で、反射面の多い現代の環境で直面する課題に対処するのに役立ちます。OSW™テクノロジーは、正確で自然な形状を利用して、トゥイーター出力をリスニングエリアに集中させることができます。リスニングエリアの側面に移動すると、トゥイーターの出力は徐々に減少し、性能を損なう部屋の反射を回避します。部屋の周辺部で出力が減少することで、音が届く場所にいても他に注意を集中させたい人の邪魔にならないことを意味します。より効率的で低歪みな、より大きく、より強力なマグネット/モーター構造と相まって、OSW™は、必要な場所ではより良い音を、そうでない場所では気が散るような音を低減します。実際の生活のための実用的なソリューションです。

    PPA™(Perforated Phase Aligning)レンズ技術は、フォームと機能融合の完璧な例です。金属製のパーツは見た目に美しいだけでなく、ドライバーコーンを保護し、性能面でも大きなメリットをもたらします。リアリズムのレベルを高めるために、PPA™レンズは、すべての周波数が同時にリスナーの耳に届くように働きます。これにより、低音から繊細なディテールまで、すべての音がよりリアルに聴こえるようになります。Founderのフロアスタンディング・モデルは、ミッドレンジ・ドライバーにもこの処理が施されており、少し離れた場所からでもより予測可能なサウンドを映し出すことができます。そのため、音質やディテールを損なうことなく、より遠くからのリスニングに最適です。

    スピーカーで最初に目にするもの、そして最後に聴くべきもの、それはキャビネットです。Founderシリーズのキャビネットは、見た目の美しさやユニークさだけでなく、そのデザインが性能を高めています。剛性が高く強度の高いキャビネットほど、共振や振動が少なくなり、必ず音が改善されます。ファウンダー・シリーズのファセット・キャビネット内のカスケード・フュージョン・ブレーシングは、剛性を高めると同時に、高出力バス・ドライバーから発生する定在波を低減するように設計されています。独自の幾何学的なキャビネットの固有の強度は、従来のスクエアキャビネットのデザインよりも大きな表面積にエネルギーを分散させ、より大きな強度とサポートを提供します。この超剛性構造は、ドライバーにニュートラルなプラットフォームを提供し、結果として、よりタイトな低音、よりクリアで正確な精度をもたらします。これらの美しいキャビネットは、「姿は見せるが聴こえない」のです。

    Founderシリーズでは、細部にまでこだわっています。すべてのテクノロジーは、その恩恵を聴くことができるものですが、中には聴こえないもの:歪みに着目しているものもあります。ショック・マウント・システムはそのような特別な技術の一つで、視覚的にも音的にも見えないようにしています。私たちはドライバーを "ショーの主役 "にしてきましたが、それに付随する技術とイノベーションによって、そのメリットのすべてがあなたの耳に届くようになっています。我々は非常に誇りに思っているのは、特にミッドレンジとバス・ドライバーとキャビネットの間の振動や共振を制御するように設計されている新しい高度なショック・マウント・システムです。これらのドライバーを特別に設計され、ブレースされたエンクロージャーから機械的に分離することにより、これらのパフォーマンスを奪う振動は、ドライバーとキャビネットの間、またはキャビネットとドライバーの間に伝達することができません。これらの共振がなければ、すべてのドライバーは自由になり、聴こえるような歪みのない純粋で変調のないサウンドを提供することができます。この原理をエンクロージャーの脚にも応用しました。ショックマウント脚は、スピーカーキャビネットを床から切り離す役割を果たし、外部振動の有害な影響をコントロールして排除します。また、キャビネットを動かしたり傾けたりせずに、脚を上から調整することができるため、どのような場所でも完全に水平な脚元を確保することができます。カーペット用とウッドフロア用の交換可能な脚が付属していますので、リスニングルームに応じた全てのパフォーマンスを聴くことができます。

    アンセム・ルーム・コレクション(ARC®︎

    フラッグシップモデルPERSONA 9Hで高い評価を受けたARC®︎をFounderの最上位機種120Hに搭載しました。シンプルな測定で、スピーカーが持つポテンシャルを、どんな部屋でも最大限に引き出すことができます。

  • ドライバーから脚まで、Founderのすべての技術は、歪みを低減し、可能な限り正確なサウンドを提供するように設計されています。歪みが少ないと、リスナーは高い出力レベルに耐えられるという研究結果があります。これは本質的に、私たちを悩ませるのは音の中の「ノイズ」であり、必ずしも音量ではないということを証明しています。大音量が好きな人のために、Founderシリーズには、歪みを抑えて使用可能な音量を上げる技術が満載されています。たまにでも音量を上げて楽しむなら、Founderは理想的なソリューションであり、音量を下げたときだけでなく、思い切り楽しむときにも、より自然で正確で心地よいサウンドを提供します。

    「Power is Nothing Without Control (コントロールを伴わないパワーは、意味を成さない)」という名言がありますが、私たちは大いに同意します。Paradigmは、どのような音量でも、クリーンでコントロールされた緻密なサウンドを提供するスピーカーを設計しています。これを実現するために、すべてのドライバーコンポーネントが最大のパワーハンドリングと出力を持つように設計しています。高出力に対応していれば、他のことは容易です。ボイスコイルとマグネットの構造は、ダイナミクスに関する限り、「実力が問われる点」です。これらは、スピーカーコーンを実際に前後に動かして音を出す、2つの重要なコンポーネントです。Founderシリーズは、高出力密度マグネット、ロングストローク・コーン・エッジ、多層ボイスコイルで設計されています。また、最も過酷な音楽の一節や激しいアクションシーンでも、すべてを対処できるようにドライバーの冷却にも配慮しています。これらのパーツは、より大きなパワーを処理するだけでなく、ドライバーを強力に制御して、さらに歪みを抑え、使用可能な最大出力を上げるために、入念に設計されています。結局のところ大音量で再生したときに良い音が出ないスピーカーは、実際に大音量で再生できないのです。高出力再生のための部品設計に加え、効率性にも気を配りました。この場合、より小さなスペースにできるだけ多くの性能を詰め込むことを意味します。伝統的な知恵では、「エンジンのサイズを大きくする以外に方法はない。」と言われているため、スピーカー再生音を大音量にするには、スピーカーを大きくする必要があります。確かに大型スピーカーは小型スピーカーよりも大音量に強いのですが、技術的には別の解決策があります。Paradigmの技術者たちは、同じ物理的スペースに収まるようにしながら、使えるコーンの面積を増やす方法を考えました。メーカーがウーファーのサイズ(127ミリ、152ミリなど)を記載する場合、通常、使用可能なコーンの面積だけでなく、ウーファーのフレーム全体を測定します。これはブランドごとに大きく異なります。独自の 垂直マウントシステムを採用したFounderシリーズは、127ミリ、152ミリ、177ミリ、215mmのウーファーにおいて、「大きな」サイズを宣伝している競合デザインよりも、より有効なコーンエリアを提供しています。より大きな出力とより少ない容積は、良いことでしかありません。技術革新は素晴らしいものですね。

    Founderシリーズの全モデルは、バイアンプまたはバイワイヤリングに対応しています。つまり、2つのチャンネルのアンプを1つのスピーカーに流すことができるのです。これにより、スピーカー内部の部品に、よりダイレクトに接続することができるだけでなく、利用可能なパワーを増やすことができます。さらにFounder 120Hでは、低域のドライバーに供給する1000Wのアンプを内蔵しています。このアンプが重負荷を担うことで、外部アンプは、はるかに少ない負荷で中高音域をドライブすることができます。このハイブリッド設計は、スピーカーの最大出力を向上させるだけでなく、一体型システムとして設計された小型のキャビネットに、この驚異的な性能を収めることを可能にしています。120Hのパワフルなアンプは、受賞歴のあるARC Genesisルーム・コレクション・システムを活用して、部屋の問題に関わらず基準レベルの精度を実現することもできます。ARC Genesisは内部アンプの制御システムの一部であるため、あなたの好みのあらゆるブランドのアンプで使用できます。

Founderのトゥイーターは、独自の扁球ウェーブガイド (OSW™)とパーフォ例ティッド・フェーズ・アライニング (PPA™)レンズを搭載した25mmのアルミニウム・マグネシウム・セラミック (AL-MAC™)ドームです。

Founderのミッドレンジは、152mmのアルミニウム・マグネシウム(AL-MAG™)コーンに、PPA™レンズ、Advanced SHOCK-MOUNT™(アドバンスド・ショックマウント)アイソレーション・マウンティング・システム、そしてベンチレーテッドApical™フォーマーを備えた51mmの高熱伝導性多層ボイスコイルを搭載しています。

Founderのミッド/バス・ドライバーは、152mm (40B)、140mm (80F)の超ロングストローク・アルミニウム・マグネシウム(AL-MAG™)コーン、PPA™レンズ、垂直マウントシステムを備えた第3世代アクティブ・リッジ・テクノロジー(ART™)エッジ、アドバンスト・ショックマウント(SHOCK-MOUNT™)アイソレーション、通気性のあるApical™フォーマーを備えた38ミリ・高音多層ボイスコイルを搭載しています。

Founderの低域ドライバーは、152mm、177mm、215mmの超ロングストローク・ユニボディCARBON-X™コーン、オーバーモールドされた第3世代アクティブ・リッジ・テクノロジー(ART™)エッジ、垂直マウントシステム、Advanced SHOCK-MOUNT™アイソレーション、通気性のあるApical™フォーマーを備えた1.5インチの高耐熱多層ボイスコイルを搭載しています。

Founderのフロア型スピーカーには、Advanced Shock-Mount™インシュレーターが搭載されており、キャビネットと床の間を1回だけでなく2回も分離することで、極めて効果的に振動を減衰させることができます。カーペットとハード床面の両方に対応する交換可能なハードウェアが付属しています。脚は上から調整でき、キャビネットを簡単に水平にすることができます。

Founderシリーズのミッドレンジ・ドライバーとバス・ドライバーは、Advanced SHOCK-MOUNT™ アイソレーション・マウントシステムによってフロント・バッフルから機械的に切り離されています。この特別なマウントハードウェアは、エラストマーサスペンションを使用して、ドライバーからキャビネットへ、キャビネットからドライバーへの振動の伝達を防ぎます。共振を排除することで、ドライバーは音を純粋かつ効率的に表現することができ、聴感上の歪みがなく、最大限の透明感を得ることができます。

センターチャンネルモデルに搭載されているFounderの新しい同軸ミッドレンジドライバーは、OSW™の扁平球形と同軸にマウントされたトゥイーターを採用しています。トゥイーターの導波管として機能することで、広く深いサウンドステージの中でディテールと音の焦点を維持し、あらゆるリスニングスペースに最適な分散特性を実現しています。特許取得済みのDual-Sync™ Continuous Flux Motorは、センターチャンネルキャビネットの高さを比較的低く保ったまま、フルサイズで低歪み、高出力のミッドレンジトゥイーターを組み合わせることで、複合マグネット構造の限界を取り除き、設置場所の自由度を高めています。

カスケードフュージョンブレースは、Founderシリーズのファセット・キャビネット内の剛性を高め、低域の定在波を打ち消します。これにより、よりタイトな低音、よりクリアで正確な低音を実現しています。すべてのブレースは広範囲に渡って補強されており、キャビネットはパーツのトータルよりも強固なモノリスになっています。幾何学的なキャビネット形状が持つ本来の強度により、荷重ポイントをより広いキャビネット面積に分散させ、従来の四角いキャビネット形状では得られなかった高いサポート力と剛性を実現しています。

このコンパクトなパッケージには、たくさんの魅力が詰まっています。大型のフロア型モデルに搭載されているほとんどすべての技術を備えた40Bブックシェルフ/スタンドマウントは、最小限の設置面積でFounder Seriesの魅力を体験できる完璧な方法です。40Bは、4種類の豪華な仕上げで、どんな空間にも美しいサウンドと外観を加える理想的な方法です。

 

Founderシリーズで最小のセンターチャンネルのオプションは、最も用途の広いモデルです。70LCRは、省スペースで高性能なセンターチャンネルとして使用できるように設計されているだけでなく、メインチャンネルやサラウンドチャンネルとして使用しても同様に優れた性能を発揮します。縦置きでも横置きでも同様に驚異的なパフォーマンスを発揮する70LCRは、必要な場所で一貫した高品質のサウンドを得るための完璧なソリューションです。

最も理想的なセンターチャンネルは、フロント左右のチャンネルと同じスピーカーを使用することです。しかし、特にタワー型スピーカーを使用している場合には、必ずしも現実的ではありません。Founder 90Cは、大型タワーモデルの全体的なパフォーマンス、ダイナミクス、リアリズムを再現するために設計されましたが、テレビやスクリーンの下で使用するのに、より実用的なデザインになっています。

80Fは、0.09平方メートルの床面積しか占めない、ハイエンド・サウンドの世界への非常に親しみやすいエントリー・ポイントです。Founderシリーズのすべての新技術を搭載した80Fは、多くの大型で高価なモデルを凌駕する、驚くべきプレミアムスピーカーです。80Fは、部屋の中で比較的圧迫感を感じさせないながらも、タワーが可能にするダイナミクスとスケールを体験することができます。The 80F: 最高のパフォーマンス、最小のフットプリント。

100Fは80Fのデザインを次のレベルに引き上げます。より多くのバスドライバー、より大きなウーファー、そして専用のミッドレンジを、最小の80Fよりわずかに大きいキャビネットに追加しました。より多くの低音、より優れたダイナミクス、そしてより高い透明感と臨場感。さらに優れた体験をお望みの方には、100Fが最適です。

120Hは高効率ではありますが、ハイブリッドといっても燃費がいいわけではありません。そうではなくて、"力業"をしてくれるアンプ付きの低音部があるということです。120Hは、エンジニアが低音用の独自のアンプを一から設計したため、システムとしての出力を完璧に調整することができ、通常よりも小さなパッケージで高いパフォーマンスを実現しています。さらに120Hは、部屋を実際に測定して低音域のレスポンスを調整する驚異的なルームコレクションシステム「ARC Genesis」を採用しています。これは確かに次のレベルの低音性能であり、アンプが重要な中域と高域にエネルギーを集中できるようにします。 120Hは、非常にリーズナブルなサイズのパッケージで、妥協のないパフォーマンスを提供します。

Founder 100F が部門賞 (スピーカーシステム/フロア型、ペア75万円以上100万円以下) 受賞

  • Founder シリーズ 特別大賞受賞
    受賞理由:
    扁球ウェーブガイド 「OSW™」や「PPA™」音響レンズなど、高音質技術を搭載したスピーカーシリーズに対して。
  • Founder シリーズ 特別大賞 受賞
    受賞理由:
    独自の音響技術で精密かつダイナミックなサウンドを実現した、スピーカーシリーズに対して。

Founder 120H 100万円以上250万円未満のスピーカー 3位

Founder 40B スピーカー部門 入賞